オオヒカゲ

オオヒカゲ : 前翅長35~45㎜ 時期6~8月 山道等に多くみる 樹液に集まる 日陰の藪の周辺を飛び回る

⇑ オオヒカゲ
⇑ オオヒカゲ
⇑ オオヒカゲ
⇑ オオヒカゲ

天気の変わり目の雲の様だ 11月は特にこんな雲が多いかもしれない

⇑ 雲の向こうは明るいが常に動いている
⇑ 真っ黒い雲の向こうは明るい

カシラダカ

カシラダカ 野鳥  : 体長15㎝位 冬鳥 緊張すると冠羽が立つのが特徴 いつもいる様に思うが渡り鳥だったんだね!

⇑ カシラダカ
⇑ カシラダカ
⇑ カシラダカ
⇑ カシラダカ

干し柿もする家が少なくなりました 貴重な風景です   

⇑ 山の中の一軒家
⇑ 柿を干していました

メスグロヒョウモン

メスグロヒョウモン : 前翅長30~40㎜ 時期6~10月 雌は黒地に白模様だが雄は普通のヒョウモンチョウと同じくオレンジ色なので一見しただけでは分かりづらい

⇑ メスグロヒョウモン♀
⇑ メスグロヒョウモン♀
⇑ メスグロヒョウモン♀
⇑ メスグロヒョウモン♂

昔からの田舎の秋の風景 大根干し 最近では少なくなった

⇑ たくあん用の大根干し

クロヒラタアブ

クロヒラタアブ : 体長8~13㎜ 時期4~11月 ハナアブ科のヒラタアブの仲間(何か ややこしい) 腹部の地色は黒だが3本のクリーム色の帯がある アブラムシの仲間を食すらしい

⇑ クロヒラタアブ
⇑ クロヒラタアブ
⇑ クロヒラタアブ
⇑ クロヒラタアブ

狂い咲いたサツキ   11月だというのにサツキの花が咲いていた 望遠レンズなので 今一はっきりしないが

⇑ サツキ

コミスジ

コミスジ : 前翅長22~30㎜ 時期4~10月 林の縁で飛んだり留まったりを繰り返している ミスジチョウが居たら嬉しくなっちゃうがコミスジでは何とも思わなくなってしまった

⇑ コミスジ
⇑ コミスジ
⇑ コミスジ
コミスジ

花梨 カリン   実は美味しそうに見えるが硬い上に渋く食べられないそうだ 香りが良いのでのど飴や花梨酒にして薬効を楽しむと良いそうだ

⇑ カリン
⇑ カリンの実

ウスバカマキリ

ウスバカマキリ : 体長47~65㎜ 時期8~11月 淡緑色と淡褐色のものがいる 前脚基部の内側に黒い紋や輪の様な模様があるので判別できる 小型のカマキリ

⇑ ウスバカマキリ
⇑ ウスバカマキリ
⇑ ウスバカマキリ
⇑ ウスバカマキリ

今年のキウイ    肥料も何にもやらなくても毎年生る さすがに売っているものよりは少し小さいかも知れないが結構食べれるらしい

⇑ 今年も実りました キウイ
⇑ キウイフルーツ