コムラサキ

コムラサキ : 前翅長30~42㎜ 時期5~11月 樹液や獣糞に集まる紫系の蝶 幼虫で越冬

⇑ コムラサキ
⇑ コムラサキ
⇑ コムラサキ
⇑ コムラサキ
⇑ コムラサキ
⇑ コムラサキ
我が家から見える 早春の秋田駒ヶ岳  手前の黒い山との間位に田沢湖がある

雪解けと共に ハコベ

ハコベ : 草丈10~20㎝ 時期2~9月 雪どけと共に芽を出し花が咲く 道端の何処にでもある 世界の寒帯から熱帯にかけて分布 雑草であるが雪どけ時には貴重な花

⇑ ハコベ
⇑ ハコベ
⇑ ハコベ
⇑ ハコベ
⇑ ハコベ
早春の出羽富士 秋田市手形山大橋より望む鳥海山

早春の ジョウビタキ

ジョウビタキ : 体長15㎝ 平地から低山に棲息 積雪の無い地域で越冬 雌は地味

尚、今後日頃目にしている地元の風景写真を不定期ですが最下段にアップして行きたいと思います ご覧頂ければ嬉しいです

⇑ 早春のジョウビタキ♂
⇑ 早春のジョウビタキ♂
⇑ 早春のジョウビタキ♂
⇑ 早春のジョウビタキ♂
⇑ 早春のジョウビタキ♂
⇑ 早春のジョウビタキ♂
早春の出羽富士 秋田市手形山大橋より望む鳥海山

カラスアゲハ

カラスアゲハ : 前翅長45~80㎜ 時期4~9月 山道等の湿った道で吸水している事が多い 

⇑ カラスアゲハ
⇑ カラスアゲハ
⇑ カラスアゲハ
⇑ カラスアゲハ
⇑ カラスアゲハ

変な名前 オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ :草丈10~20㎝ 時期3~5月 雪解け後まもなく芽が出 花が咲く そのうち 道端が埋め尽くされるが 小さい花なので見過ごし易い 

⇑ オオイヌノフグリ
⇑ オオイヌノフグリ
⇑ オオイヌノフグリ
⇑ オオイヌノフグリ
⇑ オオイヌノフグリ

ルリタテハ

ルリタテハ : 前翅長25~44㎜ 時期4~11月 雑木林周辺で樹液や獣糞に集まる 幼虫の食草はサルトリイバラ 成虫で越冬

⇑ ルリタテハ
⇑ ルリタテハ
⇑ ルリタテハ
⇑ ルリタテハ
⇑ ルリタテハ